トップ / 小ロットには転写プリント

Tシャツのプリント種類

小ロットには転写プリント

くっきり印刷できてリーズナブル

オリジナルTシャツ1枚あたりの制作コストは、作成枚数が増えるほどに安くなります。数百枚単位で発注をかければ、単価をかなり抑えられることでしょう。とはいえ、個人でオリジナルTシャツを作成したい方にとって、数百枚単位での発注は現実的ではありませんね。また、「クオリティの高いオリジナルTシャツを数枚だけ作成したい」と考える方も多くおられるはずです。

そんな小ロットでのTシャツ作成を検討する方に、最適な印刷手法があります。その手法とは「転写プリント」。転写プリントを平たくいうと、「デザインを印刷した専用シートを素材に圧着させるプリント技法」となります。Tシャツの制作コストを高める要因である「版の作成」が不要であることが、転写プリントの利点。小ロットでもリーズナブルな価格でオリジナルTシャツを作成できます。

また、デザインの自由度が高まることも、転写プリントのもつ利点の一つ。絵柄や文字をいったん専用シートに印刷する技法であるため、生地の色の影響を受けないデザインを施せます。たとえば、白いシャツにちょっと色味の違う白を印刷することも可能ですよ。

カラーの再現性の高さも転写プリントの魅力です。インクジェットのように色が霞んだような印象にならないため、鮮やかなカラーも余すことなくTシャツ上で再現してくれます。色使いが多彩な絵柄だけでなく、写真を配したデザインの印刷にも転写プリントは最適。考案したデザインを完璧にTシャツにトレースしたい方にとって、転写プリントは最高の印刷技法といえるでしょう。

このほか、インクジェット式と比べて洗濯堅牢度が高いことも転写プリントの利点です。洗濯を繰り返しても簡単に色が落ちないので、作成したTシャツを長く愛用できます。以上の特徴を持つ転写プリントは、小ロットでの「仕上がりがよく耐久性のあるTシャツ」の制作に最適です。オリジナルTシャツを数枚単位で作成したい方は、転写プリントでの発注を検討してみてください。